よか宿稲村屋 震災から10年に幕。

2010年8月オープンからちょうど10年後の本日閉館いたしました。

オープンから10年という歳月があっという間でした。
旅館業を始めて右も左もわからないまま2011年3月11日東日本大震災がおこり、建物レストラン部が傾き、目の前の道路が崩れ落ちとても再建できる状況ではありませんでしたが、今すぐにでも東京電力福島第一原発の事故による収束のために寝泊まりできる環境を必要とされました。
前線で活躍する人たちの少しでも助けになれば…そのような気持ちで再開、いえ再開と呼べる状況ではなく「とにかく横になれるだけでいい!」部屋も廊下も人で溢れかえっておりました。食料供給もままならず悪戦苦闘の日々を乗り越えた日々がまるで昨日のように思い出されます。
この10年間、そういった前線で活躍する作業員さん、エンジニアの方々など多くの人にご宿泊をいただき、稲村屋はともに成長できたと思っております。
今までたくさんの出会いと別れがありました。ご利用いただいたお客様には心より感謝申し上げます。
 2021年8月31日 株式会社稲村屋 代表 稲村光弘

よか宿閉館看板
よか宿閉館壁
よか宿閉館全景

Follow me!

前の記事

本社移転のお知らせ